So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年12月| 2019年01月 |- ブログトップ
前の15件 | -

長谷川幸洋 英離脱 日本の増税にも影響か [政治]

長谷川幸洋 英離脱 日本の増税にも影響か

nice!(4)  コメント(0) 

長谷川幸洋 まだ試運転中ですけど→ "@julydantess: 政策カフェ、見れるようになりました。 [政治]

長谷川幸洋 まだ試運転中ですけど→ "@julydantess: 政策カフェ、見れるようになりました。

nice!(2)  コメント(0) 

長谷川幸洋 英国「EU離脱危機」が、日本の消費増税を吹き飛ばす可能性 [政治]

長谷川幸洋 英国「EU離脱危機」が、日本の消費増税を吹き飛ばす可能性

nice!(1)  コメント(0) 

百田尚樹さんがリツイート  毎日新聞、いい加減、俺のこと書く時は俺に取材してくれ。年末の「辞職意向固める。」の記事もそうだったし、これもそう。俺は「交互開催の約束」なんかしてないよ。特別委で総合区の議論をしっかりやろうというのは合意したけどね。そして去年、総合区素案を完成させた。ちゃんと取材してくれ。 [政治]

百田尚樹さんがリツイート  毎日新聞、いい加減、俺のこと書く時は俺に取材してくれ。年末の「辞職意向固める。」の記事もそうだったし、これもそう。俺は「交互開催の約束」なんかしてないよ。特別委で総合区の議論をしっかりやろうというのは合意したけどね。そして去年、総合区素案を完成させた。ちゃんと取材してくれ。

nice!(2)  コメント(0) 

石平太郎・さんがリツイート  これが金融緩和の恩恵。実に37年ぶりの低水準ですよ。「民主党の時から自殺は減ってた」の人は経済政策を理解出来てない。【自殺者9年連続減=2万598人、37年ぶり低水準―厚労省 [政治]

石平太郎・さんがリツイート  これが金融緩和の恩恵。実に37年ぶりの低水準ですよ。「民主党の時から自殺は減ってた」の人は経済政策を理解出来てない。【自殺者9年連続減=2万598人、37年ぶり低水準―厚労省

nice!(1)  コメント(0) 

石平太郎 ファーウェイ念頭、重要インフラ安全基準改定へ [政治]

石平太郎 ファーウェイ念頭、重要インフラ安全基準改定へ

nice!(0)  コメント(0) 

石平太郎・さんがリツイート  石垣市の中山よしたか市長「沖縄タイムス、琉球新報…沖縄2紙の偏向報道が続くのであれば、まともな県民投票は出来ません」~ネットの反応「よく言った!!頑張れ!応援してるわ 」「石垣島と沖縄本島って台湾と中国みたいな関係か」 [政治]

石平太郎・さんがリツイート  石垣市の中山よしたか市長「沖縄タイムス、琉球新報…沖縄2紙の偏向報道が続くのであれば、まともな県民投票は出来ません」~ネットの反応「よく言った!!頑張れ!応援してるわ 」「石垣島と沖縄本島って台湾と中国みたいな関係か」

nice!(0)  コメント(0) 

有本 香さんがリツイート  【速報】手塚空、逮捕 百田尚樹の本を盗むよう勧めた人物。 [政治]

有本 香さんがリツイート  【速報】手塚空、逮捕 百田尚樹の本を盗むよう勧めた人物。

nice!(0)  コメント(0) 

高橋洋一 中国と英国のどちらでも、こければリーマンショック級なんだけどな。日本は悠長に消費増税なんだけど苦笑。まあ、桜の咲く頃には君子豹変ということにならないと、マジで不味いでしょ [政治]

高橋洋一 中国と英国のどちらでも、こければリーマンショック級なんだけどな。日本は悠長に消費増税なんだけど苦笑。まあ、桜の咲く頃には君子豹変ということにならないと、マジで不味いでしょ

nice!(0)  コメント(0) 

高橋洋一 増値税は消費税なんだけど、どうして日経は消費税減税とはっきり書かないのかねえ→中国減税、20兆円上積みへ 景気対策の柱に [政治]

高橋洋一 増値税は消費税なんだけど、どうして日経は消費税減税とはっきり書かないのかねえ→中国減税、20兆円上積みへ 景気対策の柱に

nice!(0)  コメント(0) 

【我那覇真子「おおきなわ」#52】産経新聞・佐々木類氏の警告②~中国地下ネットワーク?!チャイナ団地・孔子学院[桜H31/1/18] [政治]

【我那覇真子「おおきなわ」#52】産経新聞・佐々木類氏の警告②~中国地下ネットワーク?!チャイナ団地・孔子学院[桜H31/1/18]

「大和」「おきなわ」「家族のように繋がっていく日本ネットワーク」というイメージを込めたタイトル「おおきなわ」。
メインキャスターの我那覇真子が、現在の日本に蔓延る「負の和」を「正の和」に変え、本来あるべき日本を取り戻すべく、政治家・識者に問いかけたり、全国草莽の皆さんとの活動を紹介していきます!
司会:我那覇真子(「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員・チャンネル桜沖縄支局キャスター)
ゲスト:佐々木類(産経新聞論説副委員長)
真子の目覚める朗読コーナー
菊地寛「結婚について」part2
nice!(1)  コメント(0) 

【夢を紡いで #50】高橋史朗に聞く、GHQによる戦略的産児制限と家族解体[桜H31/1/18] [政治]

【夢を紡いで #50】高橋史朗に聞く、GHQによる戦略的産児制限と家族解体[桜H31/1/18]

あらゆる文化を柔軟に取り入れながら、伝統の核を失うことなく、独自の文化として熟成させてきた日本。 我が国のその受容性を軸に、「世界の文化が輝き、溢れ、交流する国」を目指す活動も展開している参議院議員・中山恭子が、日本を初め世界の文化や思想の真髄を知る識者や、各界で活躍する人々を招き、共に夢を紡いでいきます。
司会:中山恭子(参議院議員)
ゲスト:高橋史朗(麗澤大学特任教授)
nice!(1)  コメント(0) 

【青山繁晴】1月の忘れ難き2つの日付、青山流執筆時間の使い方[桜H31/1/18] [政治]

【青山繁晴】1月の忘れ難き2つの日付、青山流執筆時間の使い方[桜H31/1/18]

独自且つ的確な視点と情勢分析による鋭い提言や価値ある情報発信において他の追随を許さない青山繁晴が、視聴者からの質問に答える形で、日本の現状と未来を展望していく『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』。
今回は平成最後の1月にちなみ、青山が忘れがたい1月の「2つの日付」について回顧すると共に、職場の同僚向けにコラムを執筆している質問者に「執筆時間の使い方」についてアドバイスします。
【青山繁晴への質問を募集中!】
青山繁晴に聞いてみたいこと、話して欲しいことなどをお寄せください。 テーマのジャンルは問いません。 お名前の公開が可能かどうか、お知らせください。
・ 郵送 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル1階
・ メール info@ch-sakura.jp
・ FAX 03-3407-2432
日本文化チャンネル桜 「青山繁晴・質問」係 宛て
nice!(2)  コメント(0) 

ファーウェイ幹部と共に逮捕されたポーランド人 中国共産党のスパイだった [政治]

ファーウェイ幹部と共に逮捕されたポーランド人 中国共産党のスパイだった

【新唐人=米NYに本部を置く中国語衛星TV】先日、ポーランドの情報当局はスパイ活動をしたとしてファーウェイ現地支社の幹部とポーランド人1人を逮捕しました。報道によると、このポーランド人は国家安全保障局の元幹部で、勤務期間中、中国共産党の為にスパイ活動を行ったそうです。ファーウェイの幹部と同時に逮捕されたことで、ファーウェイの役割が再び注目されています。
1月8日、ポーランドの国家安全保障局は、ポーランド人の元幹部、Piotr Drbajlo 氏とファーウェイ現地支社の販売担当幹部、王偉晶(わん・うぇいじん)を逮捕しました。
ウォール・ストリート・ジャーナルは15日、事情に詳しい当局者の話しとして、逮捕されたポーランド人元幹部は政府機関に勤務していた期間中、職務の権限を利用して、中国共産党の為にスパイ活動を行っていたと伝えました。
この元幹部はポーランド国家安全保障局および電子情報通信部門に勤務していました。2000年から2017年にかけて、高レベルの機密情報取り扱い資格を要する役職に歴任。同盟国のアメリカや北大西洋条約機構(NATO)と共有された情報を含め、機密の通信情報やデータベースにアクセスする権限を持っていたとのことです。判決で有罪が確定すれば、ポーランドとNATOの情報セキュリティは大きなダメージを受けることになります。
同時に逮捕された王偉晶(わん・うぇいじん)容疑者は、2006年から2011年まで、中国駐ポーランド総領事館に勤務していました。2011年からファーウェイのポーランド支社に入り、広報責任者を5年間務めたあと、政府系組織への販売業務を担当していました。
ヨーロッパはファーウェイにとって、もっとも大きい海外市場です。ポーランド政府は12日、EUとNATO加盟国に対し、ファーウェイ対策で共同歩調を取るべきだと呼びかけています。
nice!(0)  コメント(0) 

怒れるスリーメンpart14 公開Live①【ほんこん初参戦!加藤×高橋×生田】 [政治]

怒れるスリーメンpart14 公開Live①【ほんこん初参戦!加藤×高橋×生田】

1月15日収録(Youtubeライブ配信したもの)
【出演者】
加藤清隆(政治評論家)
髙橋洋一(嘉悦大学教授)
ほんこん(タレント)
生田よしかつ(築地まぐろ仲卸三代目)
nice!(1)  コメント(0) 
前の15件 | -
2018年12月|2019年01月 |- ブログトップ