So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【櫻LIVE】第316回 - ケントギルバート・米カリフォルニア州弁護士 × 櫻井よしこ(プレビュー版) [政治]

【櫻LIVE】第316回 - ケントギルバート・米カリフォルニア州弁護士 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

全編⇒http://jpnews-video.com/onebyone/2018/181109/0/
 4年ごとの大統領選挙の中間の年には「中間選挙」が実施され、11・6(火)が投開票日です。大方の予想は、上院は共和党、下院は民主党が優勢で選挙戦は最後の追い込みに入っています。クック・ポリティカル・リポートは、民主党が最大で35議席増やす可能性があると予想しています。民主党が23議席増やせば過半数を取り戻せることになります。もし、民主党が下院を制すれば「ねじれ議会」となり、トランプ大統領の政策は実現が難しくなります。このため、トランプ大統領は、勝利した大統領選の原動力となった共和党の消極支持層と取り込むために、全米各地で大衆を煽るような政治ショーを繰り広げています。
 米中間選挙は予想通りなのか、それともドラマがあるのでしょうか。
 11月9日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第316回放送は、米カリフォルニア州弁護士というより保守言論人となったケント・ギルバートさんが中間選挙の結果をケントさん流に分析します。
 櫻井キャスターは以下の論点を準備し対談に臨みます。
(1)アメリカの中間選挙の結果をどう評価するか。アメリカはこれから共和党も民主党もそれぞれより保守的に、より左翼的になっていくと思われる。二分化されていくアメリカ社会の近未来をどう見るか。
(2)トランプ政権の目指すところは究極の意味でどこだと考えるか。中国とどこまで本気で対峙しようとしているのか。トランプ大統領の下でアメリカは強い保守の国として蘇ることができるのか、それとも価値観の二分化の中で徐々に力を落としていくのか。
(3)選挙の結果は日本にどのような影響を及ぼすか。新たな議会勢力の下でアメリカは国際社会に影響力を発揮することができるか。ヨーロッパ共同体が結束力を失い、アメリカの力強いパートナーとしての地位も衰えていく。そのなかでパックスアメリカーナをアメリカは保てるか。中国との関係はどう展開していくか。思いもよらない局面で米中が再び手を握る可能性はあるか
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。