So-net無料ブログ作成

昼寝ネコの雑記帳  なんとか第一四半期最後の日を迎える [政治]

昼寝ネコの雑記帳  なんとか第一四半期最後の日を迎える
http://hiruneneko.exblog.jp/26544033/ より

 ずっと長い間、取引先への請求書と印税計算書を自分で作っていた。数字を間違ってはいけないので、かなり緊張した時間を過ごした。去年からだろうか、小さなお子さんを2人抱えたお母さんに、在宅での手伝いをお願いし少しずつ業務内容を増やしている。

  もう1人はまだ若い男性だが、同じ絵本を二重に作ってはいけないので、毎週重複チェックをしてもらっている。これもずっと私が処理していた案件だ。

 おかげで、事務作業負担は少しずつ軽減されている。

 もうここには記載しないと決めていたのだが・・・ある福祉団体向けの情報調査機関のことだ。どうやら、福祉団体に所属する人たちを全国から選び、調査を依頼することになりそうだ。顔を合わせることもなく、基本的にはメールと 電話のやりとりになるだろう。

 それでなくとも、単なる公開事項の検索より一歩踏み込んで、相手の背景を調べ洞察する作業になる。これまで全くそのような意識や認識がなかった人たちを、どのように組織化し訓練すれば良いのか、どうしても糸口が見出せない。そこで思い余って、長男にメールを送ることにした。

 長男はかなり多忙であり、ハードなスケジュールをこなしている事は承知している。しかし、所属が人事部であり人事管理に関しては、それなりのスキルを磨いているようなので、申し訳ないと思ったが相談のメールを送った。

 娘とは違い、息子たちはある意味で信頼できる友人のようなところがある。では娘は何かというと、友人というよりはやはり可愛いさが先に立ってしまう。

 年齢的にはもう既に引退してもおかしくない。それなのに、肉体機能の低下に逆らうように、まだまだある種の野心を抱いている。私の場合の野心は、私心のない使命感のようなものである。

 長男から返信があり、私の構想はボランティアで出来るような内容ではなく、教育と訓練を受けた専従スタッフが必要だ、と意見が述べられていた。しかし、私の息子だけあって私の心情をよく理解し、使命感でやっているのだろうと思う、と言ってくれた。

 小さかった子供たちが、それぞれ苦難を乗り越え、あるいは苦難の最中であっても積極的に道を切り拓いている。そのような姿を見られる事は、親としてはとても嬉しいことだ。既に私にはもう、子供たちに教えてやれる事は何も無い。逆に教わる一方になりつつある。 いや、もし教えられることがあるとすれば、それは私自身が自分の人生で得た、いくつかの教訓位のものだろう。

 こうして毎日、ブログにその日その日の雑感を書き記している。考えてみれば、子供たち、あるいは孫たちに伝えたいと思っていることなのかもしれない。という事は、ある意味では遺言のようなものだ。しかも、どなたにも共有していただける内容だ。大上段に意識してはいないが、せっかくお越しくださる面識のないブログ読者のみなさんにとっても、一方的に遺言をお伝えしているようなものだ。

 ところで、「ねずさんのひとりごと」という名のブログをご存知だと思う。以前から、とても豊かな知識を持つブログ主の方だと思っている。文章が長いのでなかなか読む機会は無いのだが、今日は見出しに惹かれて全文を読ませていただいた。最後のほうにYouTubeの動画で「サンド・アート」あるいは「サンド・アニメーション」が」紹介されていた。記事もさることながら、初めて目にした芸術作品である。記事の内容も大変興味深く、ソ連からロシアに至る歴史的な変遷の解説と同時に、穀倉地帯といわれるウクライナで発生した大量の餓死者について、その背景を説明している。お時間がおありになる方は、記事をお読みになることをお勧めする。下部にそのYouTubeの動画を紹介させていただく。数多くのブログ主の方がいらっしゃるけれど、ねずさんという方はとてもアカデミックな素養のある方だと敬服している。

以下は【ねずさんのひとりごと】より一部抜粋
「ウクライナのお話」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3342.html

 ウクライナは飢饉のときの2年間で、1千万人の国民と家畜たちが死んでいきました。さらに第二次大戦で、民族の4分の1にあたる700万人の兵士が死亡しました。大戦後もソ連の内政によって400万人から1000万人が殺されています。

 セーニャさんのサンド・アートは、その悲しみを描いた作品です。
このアートには、芸術祭の審査員全員が涙したといいます。
 みなさまも、お時間があれば、是非、冒頭のサンド・アートの動画をご覧いただきたいと思います。およそ8分ほどの動画です。

Kseniya Simonova - Sand Animation (Україна має талант / Ukraine's Got Talent)

【日いづる国より】山田吉彦、静かにエスカレートする中国の海洋進出[桜H29/3/31] [政治]

【日いづる国より】山田吉彦、静かにエスカレートする中国の海洋進出[桜H29/3/31]

日本の伝統と文化を尊重し、真に国益を考える数多くの志士達が、自らが国政に臨むことで日本再生に懸けようと奮起している。その志と問題提起を、じっくりとお聞きしていく対談番組。偉大な作曲家にして真の愛国者・すぎやまこういちによるプロデュースでお送りします。
司会:中山恭子(参議院議員・日本のこころ代表)
ゲスト:山田吉彦(東海大学教授)

【青山繁晴】国民性と語学の関係性、皇統と男尊女卑の誤解[桜H29/3/31] [政治]

【青山繁晴】国民性と語学の関係性、皇統と男尊女卑の誤解[桜H29/3/31]

独自且つ的確な視点と情勢分析による鋭い提言や価値ある情報発信において他の追随を許さない青山繁晴が、視聴者からの質問に答える形で、日本の現状と未来を展望していく『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』。今回は、英語教育と日本の国民性に関する質問と、皇統(父系)に対する誤解についてお話しさせて頂きます。

MIZUNAの部屋 習近平は無謀な賭けに打って出るか? [政治]

MIZUNAの部屋 習近平は無謀な賭けに打って出るか?
http://mizunamayuneko.blog.fc2.com/blog-entry-2298.html より

http://blog-imgs-102.fc2.com/m/i/z/mizunamayuneko/20170329234732be1.jpg
日本政府高官が台湾(中華民国)を公式訪問か・・・。
1972年以来。

1971年のアルバニア決議で中華人民共和国が常任理事国となり、
中華民国(台湾)は国連及び国連関係機関から脱退。

国際連合って、先の大戦の連合軍クラブですね。
通称戦勝国クラブ。

日本がアメリカに敗れ、降伏したため、日本軍は中国大陸から撤収しました。
日本がアメリカとの戦いで勝手に転けて、中国に「勝利」が舞い込んできたということです。
日本軍と対峙していた中国勢力は蒋介石率いる国民党軍。
日本軍撤収後、アメリカ軍は一時、国民党軍を支援し、空爆などで共産党軍掃討戦を行っていましたが、
日本軍から没収した夥しい数の兵器・武器を得て、次第に共産党軍が優勢に・・・。
空軍を持たなかった共産党軍は、旧日本陸軍航空部隊の協力を得て空軍を設立。
飛ばした航空機はもちろん旧日本軍のものです。

そんなこともあって、国民党軍は次第に劣勢となり敗走。
で、台湾に逃げ込んだ。

簡単に書けばこんなふうになると思うのですが、
当初国際連合の常任理事国には中華民国(台湾)が就任していました。

中華人民共和国って、1949年建国ですから、第二次世界大戦の戦勝国でもなんでもありません。
なぜ常任理事国になったんでしょうね?不思議です。

まあ、そんな事情で1972年以降日本と中華民国との間では公式な外国関係は切れてしまいましたが、
40数年ぶりに日本政府高官が中華民国を公式訪問です。

そういえば、トランプ大統領が、一時「1つの中国」という原則を見直すなんて言っていましたが、
今回の赤間総務副大臣台湾訪問の伏線に、アメリカ政府の対中国政策修正が絡んでいるのかもしれません。

もちろん日本政府も、アメリカ政府と歩調を合わせていると考えられますので、
日米は対中国政策の軌道修正を行っているのでしょう。

というか、今回の日本政府の動きで、「1つの中国」という原則は崩れ去ったと見ていいでしょう。

中国は激怒し警戒するでしょうね。
人民元の為替相場にも影響が出るかもしれません。
そういえば、中国はアメリカ債を売却してしまったそうで・・・。
外貨(ドル)不足です。
海外へのドルの持ち出しも厳しく制限。
人民元からドルへの両替もダメ。
日系企業も売上金を日本に送金できず困っているらしい。

そのうち、海外旅行にも制限を加えるかもしれません。

これは、相当深刻な外貨不足ですね。
外貨での支払いが出来なかったらエラいことになりますが、大丈夫かな?

ん〜
中国は金融取引か輸出で外貨を稼がねばなりませんが、ダンピングに対する制裁とかをアメリカや各国から課せられれば、輸出は止まり、中国株式から外資が逃げますね。
不動産関係で架空の需要を創りだしてせっせと高層マンションとか作っていますが、誰も住まない誰も買わないとなると、不動産の価値が暴落しますね。

アメリカは、中国は自滅すると考えているのかな?

でも、強大な兵力を持つ中国ですので、
習近平ちゃんは、自滅よりは打って出る道を選ぶかもしれません。
ここ1〜2年で何かあるかもしれませんね。

今回の日本政府高官の中華民国公式訪問は、文化・経済面での交流だけが目的ではないでしょう。
こっそりと「安全保障」関連の話もしているのでは?
中華民国、フィリピン、ベトナム、タイ、オーストラリア、インド・・・
中国の暴発に備えているのか?

NHKニュースより
・・・転載開始・・・
台湾訪問の赤間総務副大臣が式典出席 中国が反発か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170325/k10010924471000.html
3月25日 17時30分
公務として台湾を訪れた赤間総務副大臣は、日本の地域の魅力を紹介するイベントの式典に出席し、政府高官の台湾訪問に中国が反発することも予想されます。
赤間総務副大臣は25日まで2日間の日程で台湾の台北を訪れ、日本の各地の特産品や観光名所などを紹介するイベントの開幕式典に出席しました。式典で赤間副大臣は「日本と台湾は、幅広い分野で緊密な関係を持ったすばらしいパートナーだ」とあいさつし、交流を一層深めていく考えを強調しました。

また式典のあと、赤間副大臣は記者団に対し「総務省は地方創生を担っている立場なので、こちらを訪れることはわれわれの職務に属する事務だと理解している」と述べました。そのうえで今後の台湾との関係について「これまでどおり、非政府間の実務関係を維持していくことに変わりはない」と述べました。

日本は1972年に台湾との正式な外交関係を断って以来、台湾との関係は「非政府間の実務関係として維持する」としています。しかし、日台関係筋によりますと、副大臣が公務として台湾を訪れるのは、断交以来今回が初めてだということです。また台湾のメディアは、断交後、最も高いレベルの日本政府高官の訪問だと伝えていて、中国が反発することも予想されます。
・・・転載終了・・・

【直言極言】エセ保守達の化けの皮が剥がれてきた[桜H29/3/31] [政治]

【直言極言】エセ保守達の化けの皮が剥がれてきた[桜H29/3/31]

今回は、森友学園騒動で露わになった「エセ保守」問題についてお話しさせていただきます。

【Front Japan 桜】グローバリゼーションのトリニティ / ウィーン体制とポスト・グローバリズム(前編)[桜H29/3/31] [政治]

【Front Japan 桜】グローバリゼーションのトリニティ / ウィーン体制とポスト・グローバリズム(前編)[桜H29/3/31]

気鋭のキャスター陣が、ますます混迷を深める日本の現状や国際情勢を読み解くべく、日本最前線(Front Japan)の気概で、日々のニュースや時事のほか、様々なテーマについて取り上げ、日本が進むべき正道を追求します!
キャスター:三橋貴明・木坂麻衣子
■ VTR:美しい日本の憲法をつくる国民の会 中央大会 (平成29年3月29日 憲政記念館)
■ ニュースPick Up
■ グローバリゼーションのトリニティ
■ ウィーン体制とポスト・グローバリズム(前編)

沖縄防衛情報局#38 [政治]

沖縄防衛情報局#38

ラジオ番組 「沖縄防衛情報局」
局長:我那覇隆裕 主任:我那覇真子

【宇都隆史】国会報告とフィリピンでの遺骨収集事業の再開について[桜H29/3/31] [政治]

【宇都隆史】国会報告とフィリピンでの遺骨収集事業の再開について[桜H29/3/31]

国を想う国会議員達が、国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ。今回は宇都隆史参議院議員から、国会の法案審議の進捗についてご報告頂くと共に、再開が視野に入ってきた、フィリピンでの遺骨収集事業についてお話しいただきます。

辻元問題で民進党が産経新聞に恫喝と圧力をかける KAZUYA [政治]

辻元問題で民進党が産経新聞に恫喝と圧力をかける KAZUYA

「セメントいて~」忖度要求?森友を突っつき過ぎたら『ゲスの清美』出てきた民進党 KAZUYA [政治]

「セメントいて~」忖度要求?森友を突っつき過ぎたら『ゲスの清美』出てきた民進党 KAZUYA

【3月31日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米国で北朝鮮有事の可能性はどう報じられている?自民党敵基地攻撃能力保有提言!その意義とは?」小野田治元空将【チャンネルくらら】 [政治]

【3月31日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米国で北朝鮮有事の可能性はどう報じられている?自民党敵基地攻撃能力保有提言!その意義とは?」小野田治元空将【チャンネルくらら】

【3月31日配信】上念司の経済ニュース最前線「辻元疑惑産経新聞恫喝には屈しない!失業率22年ぶりに2.8%に低下!北朝鮮テロ支援国家へ最指定へ?」桜林美佐【チャンネルくらら】 [政治]

【3月31日配信】上念司の経済ニュース最前線「辻元疑惑産経新聞恫喝には屈しない!失業率22年ぶりに2.8%に低下!北朝鮮テロ支援国家へ最指定へ?」桜林美佐【チャンネルくらら】

大切なのは「日本にいたい」と思わせる国づくり 【CGS 河野太郎 神谷宗幣 対談3/3】 [政治]

大切なのは「日本にいたい」と思わせる国づくり 【CGS 河野太郎 神谷宗幣 対談3/3】

河野さんとの対談の最終回です。
人口、経済を補うための移民受け入れをしたとして、その先にはどういう未来が待っているのでしょうか?
実際に移民が多い地域では、ゴミ分別や騒音など、文化の違いで擦れ合うことが多いようです。
また、短期の滞在者は失踪したり、犯罪率が高くなります。
するとそこから日本人が減り、教育の問題もあり外国人と日本人の融和は図れなくなります。
難民に、「確かな制度で、一緒に背負いたい、住みたい国」と思われるような国を作って行かなければなりません。

特別番組「ジョネ山満が訊く、年金問題は嘘ばかり」嘉悦大学教授 高橋洋一 上念司【3月31日配信・チャンネルくらら】 [政治]

特別番組「ジョネ山満が訊く、年金問題は嘘ばかり」嘉悦大学教授 高橋洋一 上念司【3月31日配信・チャンネルくらら】

★重版出来!大好評発売中です!「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識https://www.php.co.jp/books/detail.ph...

【沖縄の声】沖縄の大味な食文化と飲食店事情、平原師範の沖縄活動報告[桜H29/3/31] [政治]

【沖縄の声】沖縄の大味な食文化と飲食店事情、平原師範の沖縄活動報告[桜H29/3/31]

平成29年3月30日木曜日に放送された『沖縄の声』。隔週水曜日では沖縄の基地問題でのマイナスイメージを払拭するべく、政治から少し離れて、主に沖縄のポジティブな文化・芸能などの情報をキャスターの平原伸泰・ゲンちゃんコンビでお届けしていきます。
出演:
   平原 伸泰(沖縄支局担当キャスター)
   ゲンちゃん(沖縄支局担当キャスター)